教室の活動 こあっぽあーと

こんにちは。

東京都小平市で活動している小学生のアートワークセラピー教室「こあっぽあーと」のあやりんです。

こあっぽあーとが小平市でスタートしてから8年。たくさんの子どもたちの「こあ」に触れながらアート表現を楽しんできました。こあっぽの「こあ」は自分の「核」。でも、核ってなんでしょう。

小学生になると心の成長と共にまわりの人へも関心が向き「社会性」が育っていきます。それは社会で生きていくためにとても大切なこと。でもふとすると本当の自分らしさってどんなのだっけ?と自分の気持ちが後回しになってしまうこともあるかもしれません。

こあっぽあーとでは本当の自分らしさ(心地よい自分、好きな自分)や自分自身の素直な気持ち、もっといえば魂の元のようなイメージを「核」=「こあ」と考え大切にしています。

自分の表現をしているときにふとこぼれる言葉に私たちは耳を傾け、その心に寄り添っていきます。

そうしながら子どもたちは本当にしたいことをし、自分の内側の世界をいきいきと表現しています。つくること、作品ももちろんすばらしいアートです。そしてその表現のプロセスやあそびもその子のアート=表現なんですね。

 

 9月のアートクラスでは自分の内側の力を感じながら自分自身を表現しました。

塗りたい色を慎重に選び丁寧に塗ることに心地よさを感じていたHくん。いつも1つ1つのことを選ぶのによく考え、丁寧で優しさを感じます。それはとっても素敵なHくんらしさです。でもこの日はセラピストが絵具をびゅーっと出して色を塗っているのを見たHくん。それを真似してやってみると「なにこれ!たのしい!」とすっかりそのやり方が気に入り、そのあとは自分で自分の表現をしていきました。どんな表現をする自分も大切な自分。その世界を一歩広げていたようでとても素敵でした。その子の心のエネルギーに触れるとき本当に私たちセラピストも満たされるようなうれしい気持ちになります。

こあっぽあーとは、スタッフはもちろん、保護者のみなさまやいつもお借りしている施設の方にも見守られ支えられているクラスです。「いつも楽しそうな声がしてうれしいよ」「今日はどんなことしたの?」と温かな声をかけてくださる地域の方へも感謝しています。

そのような環境の中、のびのびと自分らしく表現できる、自分らしくいられる場にこれからもしていきたいと思っています。

 

こあっぽあーと

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう