子ども未来通信第十号 モーリーの森

子どもたちひとり一人が、自分を認めて、お互いを認め合う世の中を創り出すこと
子ども未来通信は、子ども未来の活動内容やアートワークセラピストの視点から語る子どもたちの様子や心の成長などをコラムを通して皆様にお届けしていきます。

ーMENU-
1:コラム モーリーの森
2:現在募集中の講座や教室情報
3:次回のお知らせ

ハロウィンの1ヶ月前から
娘のまるちゃんが企てていた
題して「まるちゃんの公園でハロウィン」

10月号からの続きとなってます
→→https://www.cof.or.jp/column/2817/

ハロウィン前日まで
あれやこれやと画材準備していたまるちゃん

当日、わくわくしながら一番のりで公園入り。
公園の机に画材などを準備してスタンバイ

仮装したお友達が次々やってきて
公園、、、
遊具もあって走る 走る!
みんな好き勝手に遊びたくなるよね~
そりゃ
仮装姿でね。

まるちゃん  「みんな集合‼」
と  声を大にして言いますが

遊びに夢中で
まるちゃんの言うこと聞いてくれません

お友達のママたちが気をつかって
「まるちゃん呼んでるよ~」と言って
やっとみんなが画材のところに来てくれました。

まるちゃんがお菓子入れの作り方の説明をするものの
みんな自分の好きなようにつくり
絵を描いたり
シールを貼ったり素敵なアート表現を
各々し始めたのですが

みんなが言うことをきいてくれないと
膨れっ面のまるちゃん

早く帰らないといけないお子さんもいらして
「みんなで写真を撮ろ~」と
途中声かけがあって

まるちゃんのお怒りがさらにアップ
「私は撮らない‼」
と、走り逃げ出したのです。

えっーーーなんなんだ、あの態度は‼
私は腹がたってきて

ほっとこ  ほっとこ  と
まるちゃんのおともだちに
言ったのですが

おともだちがまるちゃんを追いかけて

「ついてこないで‼」と言って
まるちゃん、また走り出したのです。

もーーーーーっ

お友達のお母さんたちも気をつかって
「まるちゃーん もどってきて~」と
言ってくれてます。

さぁ   私、どうするかな~~
娘の態度に私は
①怒らずに向き合って話をする
②引きずり連れて帰る

この2つの選択が頭に思い浮かびました。

冷静になれ~~~と私の心に言い聞かせ
まるちゃんに近づき
向き合って話をしてみることにしました。

私:「どうしたん?なにがあったん?」
まるちゃん:「写真撮りたくない」
私:「まるちゃんはどうしたかったん?」
まるちゃん:「みんなに作ってあげたかった」
私:「そうなんや。早く帰らないといけない子がいたから写真撮ろってなったんやで。」

まるちゃん:「撮りたくない」
私:「なんでなん?」
まるちゃん:「……..。(説明できない感じ)」
私:「まるちゃんがしたいって言ったハロウィンやけど写真に写らなくていいの?
拗ねてるけど
それいつまで続けてるのかな。
気持ちを切り替えないと。楽しむために
ハロウィンしよって言ったんでしょ?」

まるちゃん、気持ち切り替えれず
みんなから遠く離れたり
違うことをするアテンションが始まりました。

私はその態度が目に入りつつも
無視してまるちゃんのお友達と関わっていると

お友達のお母さんがまるちゃんの
そばに行ってくれました。
まるちゃんに寄り添ってくれたのです。

小学校へあがる前に
子どもは色んな表現でうったえてくるよね~って
まるちゃんの一連の粗相を
笑いとばしてくれました。

私も娘の友達がそのような態度だったら
関わり続け寄り添えるだろうか。

環境はみんなひとりひとりが
つくりだしている

私ひとりでその場をなんとかしようとしてた
とふと思いました。

これから子どもが社会へ出て
拗ねたり  アテンションの繰り返しは
人に迷惑かけますね

自分らしさに寄り添うといっても
子どもがする あらら?と思うことに
対面したら都度、諭していかないといけない。

親の言うことは耳には入ってるけど
違う大人が関わってくれることで
子どもは存在を認めてもらったうえで
理解していくということもありますね。

実際、子どもは成長とともに
出ていく範囲が広がります。
親の知らない環境へ。

膨れっ面だった娘は
お友達のママに関わってもらって
機嫌を取り戻して
お菓子の交換をして
またアートして
みんなとアイスクリーム食べて
感想は、楽しいハロウィンだったそうです。

私にとっては、、、、
親の井戸端会議と言いますか
人の悪口とか自慢話じゃなく

最近の子どもの成長や
困ってること、親の考えの共有とか
他愛ない親同士の会話って
子どもたちの環境づくりに大事

環境提供を試みた娘
自我を育成中
本人は気付いてないけど
リーダーシップを発揮する場面でもありました。

私が親御さんと繋がって
フォローしてたらどうなってたかな~

色々考え改めた
ハロウィンでの出来事でした。

written by アートワークセラピスト モーリー(桝岡未佳)
主宰教室
モーリーキッズわくわく冒険隊


現在募集中の講座や教室情報

子ども未来では、クラスの他にも、いろんな講座があります。

大人の教室も、私らしい子どもとの関わり方を見つめ直すきっかけになります。
すべて、自分を生きる事に繋がる講座です。
●11月16日(水)スタート
自尊感情を育てる4つのチカラー子どもに関わる大人の教室ー

子どものクラスはアートを通して、その子らしさに出逢う事ができます。
各教室素敵なセラピストがいますよ!
全国のアートワークセラピー教室

あそびの宝箱は、ご自宅でその子らしさを花開かせることができます。
クリスマスプレゼントにぴったりですよ!
月刊あそびの宝箱 12
月号募集中!

次回のお知らせ

次回はちゃいの子育ても楽しくアハハとセラピストマインドがきらりと光る
「アートワークセラピストのアハハコラム」1日頃です。
お楽しみに!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう